Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
いきなり初焼き
2007年 10月 26日 | |
外出した帰りに印画紙の値段など調べようとチロとよったビックカメラ東口カメラ館で「モノクローム写真を楽しむ!暗室現像体験セミナー」(定員:5名。参加費:1000円)というのを見つけ、慌てて申し込んだのはそのセミナーがその日の午後6:00開催だったからなのである。間に合わない、定員オーバーなど考えられたが問題なく参加できたのは運がよかったのであろう。

と言うわけで、自宅での暗室準備が遅々として進まない中いきなり初焼きしてまいりました。


+++


同様のセミナーは1ヶ月程前にも開催されていたらしい。年に数回は行われているとのこと。WEBで確認できるがRSSで出力してくれると見逃す確率が減るんだけどなぁ(とリクエストいたしました)
さて参加に当たっては撮影済みの35mmのネガを持参とのこと。運良く最近撮ったネガを数本持っていたので当日申し込みで自分のネガを焼くことが出来たのは本当にラッキーだった。勘違いして撮影済みフィルムを持ち込んだ人は講師のネガを焼いていました。
参加者は5名。うち二人は女性で彼女たちは1人は店員で1人は講師(ビックカメラ店員)の後輩という関係者でした。つまり残った私を含めた男3人が一般参加という感じでした。男性陣の中では自分が一番若かった(TPNのオフ会の時とは全く逆だ)んだけれど、講師の方の話では学生はデジカメに走り、年配の人が仕事を引退して昔やった引伸を再びやってみようと言った感じで自分で焼いたり現索する人たちの年齢層があがっているらしい。

自家現像しているのは5人の中で自分だけ。以前同セミナーに参加した人が1人で主にブローニーで撮っているらしい。道具を揃えるコストや現像失敗に対する不安から皆自家現像を躊躇している様子でした。殆どが失敗写真の自分は失敗してもそれほど関係ないしコストだけが自家現像を始めるに当たって考慮する点でしたけどね。

私はバシバシ焼きたかったのだけれど、セミナーは現像のやり方を説明した後プリントを実践するという進行でした。(う~んもどかしい) 講師はビックカメラのフォトマスター取得者の方。とLPLから応援にきた方(以前はこの方が講師だったらしい。今回の講師の方は"私の先生”と呼んでいた)

使用機材など:引伸機はLPL6600×2台。「6600」と言う名前は6×6が一番大きい対応サイズという意味らしい。型名からフォーマットが判断できるようになっているのね、知らなかった。引伸レンズは不明。現像液はコレクトールE or イルフォードマルチグレード(未確認)。定着液は恐らく スーパーフジフィックス。印画紙はフジブロWP FM3号 8×10 でした。


+++


-セーフライトには黄色いフィルタがセットしてあって簡易暗室は思っていた以上に明るかった。今回は多階調印画紙ではなかったけれど、多階調印画紙の場合は印画紙が感光しやすくなるのでもっと暗くしなければならないらしい(赤いフィルタになるのかな?)

-タイマーの必然性を痛感した。コレがなければ駄目だ。

-RCペーパーの乾燥はドライヤーだったが、思っていた以上にスグ乾くことを知った。

-プリントは2枚でおしまいでした。正確に言うとネガ2コマ。(もっと焼きたかったよぉ~) 私はそれぞれ1秒づらして一枚ずつ焼いたので4枚焼いた。(プラス段階露光がそれぞれ1枚で合計6枚)

-テストプリントでネガ上のゴミは多数見つけたので本番前にブロアーかけたけどはゴミだらけ。...orz ネガの保管方法を改めなければならんな。2台の引伸機を同時に使って焼くというセミナー進行の都合上ネガ上のゴミ・ホコリをセーフライト下でしか確認できないのがつらい。

-像が浮かび上がってくるのを初めて経験すると感動するとか言うけど、既に頭の中に何度もシミュレーションが出来てしまっていたためかそれは無かった。むしろ水洗して出来あがったプリントを見てガッカリしたという感じ。それはプリントが云々というのではなく、「写真」としてもうなんか情けなく感じた。他の方のプリントを見るとどれも「良い写真」に見えて、プリント云々以前、露出だ構図だ言う以前に自分の写真がどうしようもないものに思えた。
小一時間の初プリントでたいしたこと言えないけれど、最終的な形=プリントを自分でやってみると、ネガがどうゆう濃度だとこうゆう像になって焼かれる、だからネガはこれこれの濃度になっていなければならず、その為には露光=撮影はこうなるということを改めて考えさせられるきっかけになったと思う。プリントはネガの影響を受け、ネガは撮影の影響を受けるという当たり前の事なんだけれど、ね。撮影・現像・プリントの三つがあって写真というシステムが成り立っているという、ね。写真を撮り始めたときにあのカメラだこのレンズだと言っていたときよりは多少マシになったのかな、と。そろそろ本格的に道具を揃えなければならんな。(あぁ、早くカーテンが来ないかなぁ)


d0039803_10304569.jpg

[PR]
by nullpo_orz | 2007-10-26 10:30 | 銀塩 |
AX
<< 石神井公園:木 ページトップ 石神井公園 >>
The Original Skin by Sun&Moon