Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
ごめん
2009年 02月 10日 | |
d0039803_10253392.jpg

400TMY EI200 / XTOL(1:1) 20℃ 8'00" NA / Fuji Varigrade WP AM / CHUGAI My Paper Dev


ガラスキャリアを入手したので使ってみた。
四辺に黒スミを出すには普通のキャリアでは削る必要があるらしいが、ガラスの場合何もせずともそうなってしまう。

Oh! ノートリミング!!

宗教みたいなモノで、キャリアのタイプはそれぞれ好みがあるらしいが、自分としてはガラスの方が良いように思えている。でも今回のもそうだが埃がまだあるので、使用上神経質になりそうだ。


次いで言うと、カメラは銀塩最終モデルの EOS Kiss 7で、レンズはタムロンのAF 24-70mm F/3.3-5.6 Asphericalで7D3という型式名らしい。安いレンズを求めていたらコレと28mm-のズームが目に留まったんだけれど、24mmがほしかったので、こっちにした。だからアップした写真もワイド端の24mm。PE#2に間に合わなかったのが残念だった。

さて、Kiss 7 は、ここによると
煮詰められた各機能は、中級機であるEOS7の存在価値をも脅かすほどである(AFの精度とフラッシュの制御に関しては、EOS7を追い越してしまっている)。

ってことで、
銀塩EOSで唯一(!)、内蔵ストロボと外付けストロボの両方でE-TTL2に対応している。


機能的には文句ない。というか、使い切れていない。^_^;
露出は評価測光を多用し念のためABCで撮影しているが、今回の写真も結局補正無しのが良かったので大変満足である。自分の撮る写真において測光はこれで十分であろう。

なにより、プラボディは軽くて良い。そして、大きすぎず小さすぎず。
どうも一眼レフは大げさな身振りで好きになれなかったが、使ってみれば何ら問題ない。
高速なAFと信頼置ける評価測光(と念のためのABCもアリ~ノ)を詰め込んだ軽量コンパクトなボディ。
なんで今まで毛嫌いしていたのか...。ゴメンね、AF一眼レフ。
[PR]
by nullpo_orz | 2009-02-10 10:51 | 銀塩 |
AX
<< 雑記 ページトップ 目を使わず「見る」 >>
The Original Skin by Sun&Moon