Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2007年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
| |
|
AX
2007年 09月 28日 | |
TVででんじろう先生が、「離れた場所にあるコップに入っている蝋燭の火をキーボード鳴らして消す」という実験をしていた。実験に参加していたタレントは皆驚いていたけれど、その原理は至極簡単でキーボードが鳴らす音とはつまり空気の振動だからコップの中の(空気を振動させて)蝋燭の火が消えるのであった。音は空気の振動であり、つまりはモノの振動なのであるが、先のエントリでも書いたポルシェのエンジニアは音を聞き分けることによってその原因となるモノの振動=この場合エンジンパーツの振動からその不具合を見つける能力に長けていたのであろう。勿論能力だけではなく長い経験が培われた上でのことであることは明らかである。

音そのものに魅了される場合もある。私はクルマが好きだが私同様アルファロメオのエンジン音には魅了される人は多い。詳しい人に言わせるとアルファのエンジニアはアルファとはこうゆう音でなければならないという考えがまずあって、そのうえでエンジンを作っているとかでそれであの音をアルファは奏でることが出来るらしい。有る意味人為的にアルファの音は作られていることになるけれど、BMWの音なんていうのはいかにもエンジン屋が一生懸命フリクションロスとか無くしてモーターのように滑らかな回転感のエンジン作ったら、結果的に音も精巧な機械が掏り合わさった様な音になったって感じで、これまた私は好きです。

Leicaのシャッター音に魅了され拘る・音の大きさを気にするっていう人も多いと聞く。しかし音とはモノが振動した結果であり、カメラの場合内部のパーツが動いた結果だからあまり音色とか音の大きさに拘ることは機械の動作にも関係してくることになるので止めた方が良いだろう。でも、高級・高額なカメラのシャッター音は、良い音であると殆どの人は感じていると思う。パーツそのものの精度や機械の組み立て精度が関係していると思われる。

心地よいシャッター音、機械音は、それだけで撮る気にさせる。

先日髪の毛をカットしに行ったが、ヘアカットする人の上手・下手はカットの時の音・リズムで分かる。ヘアカットに使う専用のハサミはたしか10万円くらいするらしいから家庭で使うはさみとは異なって切れ味も音も違うのであろうが、下手な人は躊躇しながらカットしているのでどうしてもリズムが悪くなると思われる。躊躇無く一気にカットする上手な人は、カットの際のはさみの音もスパっとした音がするだろう。昔ちょっとだけDTPをかじったことがあるけれど、DTPと言えばMac使いがそのほとんどであるが、プロと言われるDTPの人はマウスとキーボードの音にリズムがあって、やっぱり初心者とは大いに異なるってこともあった。きっと写真の(撮影の)上手な人も、撮影時のシャッター音・リズムが良いのだろうと想像する。

しかしヘアカットがいくら上手でも手に染みついたタバコの臭いは個人的には勘弁して頂きたい。


d0039803_9563251.jpg

PR400 EI200 / Microfine(1:1) 24℃ 6'15" NA / EPSON GT-X750

[PR]
by nullpo_orz | 2007-09-28 09:58 | 銀塩 |
AX
2007年 09月 27日 | |
さて、カレンダーメーカーをやったら2日除いてのこり28日すべて「忙」だった私です。

やっとというか、ついにというか、INFOBAR2が出ましたネ。ANNIN使いの私はこの日をずーと待っていたのです。ほうほう、デザイン優先で最新機能は満載と。ワンセグも見れちゃうのか。(使わないだろうけど) おサイフケータイっていうのはどうなのか?あれば便利かも。ディスプレイは有機ELと。200万画素のカメラが付いているならデジカメは持ち歩かなくて良くなりそうだ。

あれ? 厚みが15mmになっているぞ。 !?工エエェ(゜Д゜ ;)ェエエ工!?  ちょっとイヤだな。初代はアンテナ部を除くと10mmくらい。薄いのが欲しいんだよねぇ。丸みを帯びたデザインだから最厚部で15mmだと思うけど、う~ん実機を見てからの判断だなぁ。

まぁ、そんな話はいいや。えー、昨日帰社してからカメラの日東に寄ってきました。以前6月にもカメラの日東についてはエントリしていますが、あれか3ヶ月ぶりに寄ってみたわけですが、まぁあるわあるわ引伸機や暗室用品が!
見ようとしなければ何も見れない、てことをこの前自分で言っていた"くせに"だけれど、今まではカメラとかレンズばかり見ていて暗室用品はあまり気に留めていなかった自分なのでそのせいもあるが、それでも引伸機だけでも以前より増えているのがハッキリとわかる。聞くところによると引越シーズンの春と秋にどっと増えるそうな。暗室ヤル人は暑い夏は避けるのでこれから涼しくなってくると買い求めに来るとのことで正に今がその時期だったわけです。イーゼルは1000円くらいで売ってるし、タイマーは10台くらいあったかな? 薬品の温度管理を容易くするヒーターが1500円で売っていたのはかなり買いか?
とまぁ色々あったのですが私が買い求めていたイルフォード製マルチグレードフィルタ(MGフィルタ)が1500円であったので即買。それからジャンクの温度計と少量の計量が可能なメスシリンダー、フォーカススコープも購入。良かった、良かった。

早速帰宅してからMGフィルタ(アダプタ)を付けてみる。んが、S69には付けられない事が判明(大丈夫だって言っていたのに(T_T))。35cにはどうにか付けることができました。アダプタはレンズにカマせてから一緒に引伸機にねじ込む様になっているが、どうやら引伸レンズのネジ部と引伸機のネジ部の関係でS69の場合は無理。別の付属アダプタを使うと3本のネジでレンズ鏡胴部を挟み込んで固定するのだが、どうみても安定感無いし絞り調整がやるずらそうである。調べてみるとアダプタを自作しているケースが多く、レンズ装着部横の赤いセーフティーフィルタ(SF)を取っ払って自作アダプタをそこに装着してる人がいた。これだと絞り調整も大分楽に出来るようなのでそのうち自作してみようと思う。
MGフィルタを入手出来たので、35cは売っぱらうことに決定。

ジャンクの温度計の方は調べてみると1℃低い値を示すので其れを考慮して使えば問題ないだろう。
フォーカススコープは初めて使ってみたが使い方がサッパリ分からなかった。300円wだから仕方ないか(お店では十分使えると言っていた)と思ったが、あれは台座に投影された像を見るのではなくてレンズを通した光、正確に言うとその光の中のフィルムの粒子を見るためのモノだと後で知った。

う~ん、カメラの日東は良いなぁ。

d0039803_14242086.jpg

d0039803_14244426.jpg

[PR]
AX
2007年 09月 26日 | |
d0039803_114274.jpg

ACROS EI100 / Fujidol E(1:1) 20℃ 10'30" NA / EPSON GT-X750


やっと今頃になってお盆の写真をアップ出来るようになりました。

アナログ作業はデジカメと異なりまったりと進行しております。
[PR]
by nullpo_orz | 2007-09-26 11:05 | 銀塩 |
AX
2007年 09月 25日 | |
3連休。娘を寝かしつけているうちに一緒に寝てしまった昼下がり。

1時間くらい寝ていただろうか。

目覚めた後、カミさんに呼ばれるまま寝ぼけ眼で1Fへ行くと...

d0039803_11542052.jpg


More
[PR]
by nullpo_orz | 2007-09-25 11:56 | 銀塩 |
AX
2007年 09月 21日 | |
d0039803_1259844.jpg

d0039803_12591945.jpg

d0039803_12593095.jpg

ACROS EI100 / Fujidol E(1:1) 20℃ 10'30" NA / EPSON GT-X750


娘は姿見を見つけると何故か踊る・歌う。
[PR]
by nullpo_orz | 2007-09-21 13:01 | 銀塩 |
AX
2007年 09月 19日 | |
そのバンドを初めて聞いたのはラジオから、だった。聞いていると気持ちが良い。好きになった。レコードを買って何度も何度も繰り返しそのバンドだけを聞いた。何度も聞いていると町中でそのバンドの曲のフレーズが流れただけですぐに分かるようになっていた。あっ、あの曲は3枚目のアルバムのB面の1曲目、最後のサビの部分だ、なんて感じで。好きになるとそのバンドのルーツ、何に影響を受けて現在に至るようになったのか、という事も気になってきた。バンドメンバー一人一人のルーツも気になってきたので調べたり、メンバーが好きだと言っているアーティストを聞くようになったりした。そしてそのバンドから影響をうけたという別のバンドを聞いたり…と、多くのアーティストを聞くようになっていった。
ウルトライントロ=ドン!じゃないけれど、お気に入りのアーティストのちょっとしたフレーズを聞けば分かるようになった、と同時に多くのバンドを聞くことによってそのバンド独自の音というものが分かるようになってきた。バンドの音っていうのはプロデューサーが変われば多少変わることもあるけれど、その根本の音って変わらないってことも分かってきた。お気に入りのバンドのお気に入りのギタリストの音の個性も分かってきたので、他のバンドのアルバムに参加してもそのギタリストが弾いているパートが分かるようになった。
何度も何度も聞くうちに、バンドの音、ギタリストの音、ドラマーの音、もちろんボーカリストの声、それぞれの個性というものが分かってきた。
最初はまったく何が良いのか分からないというアーティストや曲も多くの曲を聴くことでそのアーティストや曲の支持される部分というのも分かってきた。おまえも○○が分かるようになったのか、ってやつもあった。もっともこれについては好みっていう個人的な問題があるので全部とは言えないけれど。
でも自分でもギターを弾いてバンドを組むようになるともっとアーティストの個性というのが分かるようになってきたのは面白いことだった。聞いているだけではなくて自分でもヘタなりに同じことをやってみるとよく分かってくる。

思春期に同じような経験は誰でもあると思う。一度経験すると例えば大人になってクルマにハマってもエンジン音を聞いただけで車種が分かるようになったりする。もっと"進む"とどこそこのマフラーに交換しているってことまで分かるようになるだろう。いわゆるオタクの世界への第一歩だ。この場合さらにその先にあるのは、エンジニアだ。ポルシェのとある有名なエンジニアはそのポルシェの音を聞いただけでどこが調子悪いのかということをピンポイントで当てたと言う。凄ェ!

今写真を撮るようになって"分かる"ようになったかと言われると正直よく然分からない自分である。お世辞でも自分の撮った写真を良いねぇと言われても本人は何が良いのかよく分かっていなかったりする。現像液を替えても、フィルムを替えても、レンズを替えても、う~んなんとなく違うかなといったレベルである。練習しないと弾けないギターと違ってカメラっていうのはシャッターきればとりあえず写真は撮れてしまうので、なまじ簡単に"撮れて"しまう分"分からない "ままという状態が続いてしまうような気がしている。今自分はラジオから流れたお気に入りの曲と同じように弾く真似をしているだけなのだろう。だから弾きなれた人からするとチューニングもあっていないしチョーキングの音も安定していない、聞くに堪えないかもしれない。
でももしかしたら同じフレーズを何度も繰り返し弾いているうちにチューニングが合って偶然一度だけ上手く弾けるときがあるかもしれない。そしてその時、なにかがきっかけになるかもしれないと思っている。

見ようとして見るから見える。「分かった」っていうのはそういうことだ。

「何が観察可能かを決めるのは理論である」とはアインシュタインの言葉だったと記憶している。言いかえると考えなしに観察したって発見はないってこと。見つけようとするから見つけられるわけで、人間の目とか頭ってそういう風にできているんだと思う。
昔、坂本龍一監修の「5分で誰でもピアノが弾ける云々」という番組をTVで見た。その中で面白い実験があった。渋谷のセンター街を被験者に歩いて貰う。同じように今度はカメラを廻しながらセンター街を歩く。カメラはセンター街の喧噪を全て拾って記録するから録画した画像をみるとたいそう煩く感じるが、人が歩いていたときにはそれほど感じていたわけではない。人は必要な音とそうでない音とを瞬時に判断して余分な音は自動的に遮っているという話であった。聴覚と同じように視覚も余計なものは見ないようなシステムになっている。だから見ようとしなけりゃ決して見えない。だけどレンズは見たくないモノまで全て写るものは見てしまう。写真を撮るという行為は人間の眼をカメラのレンズと化すことから始まるのだろう。まっ、多分写真を撮っている人はだれでも気づいていることなんだろうけど、やっとその辺のことが分かり始めた次第なのである。
[PR]
AX
2007年 09月 18日 | |
d0039803_1704957.jpg

今のところ引伸機を持っていないしあっても出来る環境(カミさんの許可とも言う)では無いので、撮った写真はフィルムスキャナーでPCに取り込んでblogにアップしている。スキャナーは昨年末からEPSONのGT-X750という機種でDIGITAL ICEが付いているのがウリらしいんだが、このウリはカラーじゃないと使えないのでモノクロがメインの私にはあんまり関係ない機能だったりする。とはいえ、それまでの6コマづつしかスキャンできなかった同F520と比べれば大分作業が楽になってはいる。
で、スキャンの方法がmixiでもお知り合いのXylocopalさんのネガフィルムスキャン入門 に倣ってやっていますダ。このスキャン入門では取り込んだデータのヒストグラムを表示させ山の両端の余裕を持って取り込むところがキモなんだけれど、最近はプレビュー段階で上の画像の様に山の両端に▲と△が位置するようになってきた、ってことを言いたかったんだな。以前はプレビューした時は大概▲か△どちらかが、或いは両方が山の内側に入り込んでいる状態であったけれど、最近はそんなことは無くなったんよ。自家現像を始めてからそうなったんだけれど、なんとなく嬉しかったりする。

+++

月初めにアップした現像雑記の最後に書いた「カブリ?謎」。まるさんにアドバイス頂いてリール巻の時注意してやるようにしたら見事に「カブリ?謎」は無くなりました! Grazie! まるさん
どうもそれまではなるべく押し込むように巻いていった方が良いと思っていたので、その押し込み方が強すぎていたようでした。アドバイスを受けてからは優しく押し込むようにしたらバッチグー!

+++

今日新宿方面へ行く用事があったのでヨドバシを覗いたらもうPRESTO400とsuper PRESTO1600のフィート缶は完売であった。


以上。
[PR]
by nullpo_orz | 2007-09-18 17:26 | 銀塩 |
AX
2007年 09月 13日 | |


ウルトラワイドなトイカメ:photoseason's blogで知ったVivitar ULTRA WIDE&SLIMというトイカメラ。プラスチックレンズのワイドな22mmの画角と周辺光量落ちが魅力。欲しい。前から私は21mmクラス或いはそれ以上の広角レンズが欲しいのよ。AiでもKでも安いヤツないかなぁ。




Flickr:Vivitar ULTRA WIDE&SLIM
[PR]
AX
2007年 09月 13日 | |
d0039803_10193710.jpg

日曜日にYes! プリキュア5を見た後はかならずプリキュアごっごの相手をさせられる。娘に言わせるとプリキュアは女の子だから男の子はプリキュアになれないのでいつもオヤジの役所は悪者=コワイナ~と決まっている。だけどいつもコワイナ~っていうのも飽きるので今は仮面ライダー電王(史上最弱ライダー。多重人格のようになる。なかなか大人でも楽しめます。準ヒロインの秋山莉奈も、特に衣装、ナマラ(・∀・)イイッショ!)になってプリキュアと戦うことにしている。

オレ参上!
いきなりクライマックス!

電王(というか正確に言うとモモタロス)の口癖が最近のお気に入り。流行らせたいナァ。
[PR]
by nullpo_orz | 2007-09-13 10:33 |
AX
2007年 09月 11日 | |
d0039803_12532540.jpg

PR400 EI200 / Fujidol E(1:1) 20℃ 6'15" NA / EPSON GT-X750



Everything Works If You Let It by Cheap Trick

Everything works if you let it
If you let it in your heart
Yeah everything works if you let it
If you let it in your heart

Good times, bad times dont know what to do
Half the time and all the time
Dont know if its true
Someday, somewhere know if its true
Shell look inside her heart and decide
Its really you..... whoah

良いときも悪いときもある。キミがそう望むならきっと上手くいくさ。

と、自分に言って聞かせる。
[PR]
by nullpo_orz | 2007-09-11 12:59 | 銀塩 |
AX
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon