Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
| |
|
AX
2009年 10月 26日 | |
d0039803_1111822.jpg

d0039803_17161775.jpg


友人に負けじとw、オイラの写真展を始めました。









Museumr www.photofunia.com
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-26 10:22 | 写真集 |
AX
2009年 10月 22日 | |
d0039803_143725.jpg

400TX EI800 / XTOL(1:1) 24℃ 8'00" NA / Kentmere VC Select Fine-Luster




d0039803_146235.jpg

こちらはボツ作品。もうちっと詰めて焼き直そうとおもふ

[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-22 14:07 | 銀塩 |
AX
2009年 10月 21日 | |
d0039803_1301560.jpg


・楽しみにしていたUNTITLED VOL.1
(と当選したモーターショーのチケット)が昨日届いた。カミさんに見せたらなんか暗い感じ...とのことだったが、オイラとしては暖かい感じがした。familiaって感じ。なのはTLを見ているからかもしれないけど。VOL.2~が楽しみ。ちょ~お勧め。

・Kentmereのフィルムが安かったのでビックのネットショッピングで印画紙(VC Select Fine-Luster )と一緒に購入したので、さっそくテストをしている。現像液はxtolがオイラのデフォなので、それで。データシートにはxtolは無いからナナロクを参考にする。

やり方はTPNにありますね。kiss7のABC使ってプラスマイナス1EVで1ロール同じシーンを撮りきる。で、現像時間をそれぞれ変えてxtol(1;1)で現像してみる、と。実際には、7分、8分30秒、11分15秒、14分。それぞれにEI200・400・800が現像される。
基準にしたのは14分、なのはKentmere400でEI400の場合ナナロク(1;1)で14分とデータシートにあったからなんだけれど、EI400では11分15秒でokぽい。多分実際につかうEI200では8分30秒、もしかしたら7分でもokかも。
KentmereのVC Select Fine-Luster を使ってみるとILFORD MG4 RCと一段くらい違いがあると感じているので、Kentmere400とVC Select Fine-Luster の組み合わせだと、データシート通りのEI400・14分の現像時間でokかもしれない。

ネットを彷徨ったけど、Kentmereフィルムとxtolの組み合わせってどこにもデータがないからってのもあってココに書いておきます。


カメラライフVOL.4友人の写真が掲載された。おめでとう。こりゃー買わないといかんな。

・セイケさんってFoveon X3使ってるの?

ぐるぐるパノラマ、ちょい見せします。 これは面白い!(ソース)
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-21 10:54 | 写真集 |
AX
2009年 10月 15日 | |

「¥3,000で写真売りましょ!買いましょ!展」
@ギャラリーコスモス
東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル3階
03-3495-4218
http://www.gallerycosmos.com/

行ってきました。
確か前回は展示方法?がファイリングしてある中から探し出す?って感じでしたが、今回はこのような展示方法に変わったようです。

d0039803_1412296.jpg


透明ケースに入れてつり下げての展示。しかも重ねて展示してあるので、めくってみないと同じ写真が下に隠れているのか、はたまた別の写真がかくれているのか分からないから宝探しみたいなもんだ。ファイリングより見やすいと思いますが、そうですケースは縦長なので縦写真の方が見やすい->よく見てくれる->売れやすいって流れになりやすいと思います。それから印画紙をクリーム色などにすると目立ちやすいようですね。この辺展示方法は事前に参加者にアナウンスがあったのかどうか、"売る気"での参加ならこうしたことは考慮して作品・印画紙を選ぶことになるだろう、と。

そうそう。先日紹介したninoさんやTPNでお世話になっているraotaさんの作品も拝見いたしましたよ。
それと私と同じ石神井公園を撮っている方がおられてました。石神井池をまったく同じアングルで撮られていて、フムフムなるほでこうゆう感じに"見られる”わけね、って。ちょっと横にずれて見ることが出来たので参考になりました。

その足で同じく目黒で開催されているトミオ・セイケ写真展「Eighteen month」へ。
おいらもトイレに自分の写真を飾ろうと思いました。

勢いその足で渋谷へ。

FIAT500cが展示されてるってことでフィアットカフェへ。500は発売当初ディーラーで見たんだけれど品薄でシートに腰掛けることを許されなかったんだけれど、こちらでは乗って触って弄ってok。意外と後部座席が広いのね。子どもならコレでokでしょう。ただしトランクルームは小さい。トランクスルー出来るのがせめてもの救い。
内装などの質感はおいらのプントとは比べものにならない(値段も+100だから当たり前と言えば当たり前だが)。どうやら小さな高級車?として売っていこうって寸法らしいが個人的にはダサくてショボイのが好きなんだよねぇ、って意見はショールームのネーチャン(以前は仏蘭西車のショールームで努めていたらしい)と一致した。その手の路線で独車・国産車などに対抗しておこうとしてもやられてしまうのは目に見えていると思うんですけどね。あっ、でもその後青山一丁目のホンダへ行って前から気になっていたクロスロード(っていうとどうしてもクリームを思い出してしまうのだが)見たけどフィアットの方が質感上を行っていたから、一概にそうとも言えないか。
500cはルーフが電動で動くんだけれど、前回すると後部ウインドウもたたみ込まれてかなり開放的になる。でもそうするとトランクの上部まで畳まれたルーフが掛かってきてトランク開けられないジャン!って思ったら、ルーフ前回の状態でトランク開けようとするとセンサが効いてちゃんとルーフがトランクに掛からない位置まで、つまり後部ウインドウが立つ位置まで自動的に戻るギミックになっているんだな、コレが。まったくもってイタ車らしくないギミックだっ!


で、ホンダのショールームで出たばかりのステップワゴンが置いてあって3列目のシートが床に収納されるのでスッゲー広い荷室&室内になるのでカンドーしてたらASIMOの時間が始まったんですよ!奥さん!!

オイラが初めてASIMOを見たのは東京モーターショーでのこと。数ある展示車やコンパニオンがひしめくこの世界的な大舞台で「おおおお!」というどよめきを聞いたのはASIMOが登場したときで、もちろん中学時代からモーターショーへ通っていたけど初めての経験であった。いや~、実際観客はコンパニオンの綺麗なおねーちゃんそっちのけでしたよ。

d0039803_15524983.jpg


アントキは遠眼からASIMOと遭遇したわけですが、今回は目の前その距離僅か1.5~2mってとこか? しかも最後には舞台に上がって記念撮影のサービスだっ! 海外からの観光客(カップル)はさっそく記念撮影していたけどオイラも負けずに記念撮影をお願いしましたよ。勿論オイラの他にも日本人はいたけど皆記念撮影には興味なさげでステージが終わるとスグに車見ていたけど、新しいステップワゴンみるよりもASIMOを触れんばかりに接近して見れて記念撮影もできる方が10,000倍価値があるとオイラは思うぞ。

あぁ、フィルムで撮ってもらったのでblogにはスグにアップできないんだけれどね。
ASIMO最高だわぁ~。



全然ン話は関係ないんだけれど、以前やっさんはどんな写真を目指している見たいな展開にこの拙blogでなったことがありましたが、最近になってやっと自分の目指すというかこうありたいなぁという写真が分かってきました。MarkKnopferのオブリガートの様な、そうゆう写真を撮っていきたい、撮りたいと思います。
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-15 15:54 |
AX
2009年 10月 15日 | |
d0039803_1302779.jpg

SFXテスト #2
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-15 13:01 | 銀塩 |
AX
2009年 10月 13日 | |
d0039803_12565580.jpg


R1フィルタじゃ、こんなもものしか。SC72とかじゃ見えないし。うーん...。
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-13 12:57 | 銀塩 |
AX
2009年 10月 06日 | |
たまたま見つけたのでクリップしとこ。

液温℃-補正係数
19-1.1
20-1
21-0.9
22-0.83
23-0.75
24-0.7

※20℃-7分の場合、21℃では・・7分×0.9=6.3分 →約6分20秒

先だって紹介したApp Calc Zero: Time を使うと計算が簡単!

<2009.10.7 17:00追記>

上記リンク先の「序説」を読んで、やっと掲載写真の良さが理解できるようになりました。
今までは掲載写真の様な写真を見せられても、正直何が良いのかさっぱりでしたが、やっと「見えるようになった」って感じです。
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-06 16:20 | 銀塩 |
AX
2009年 10月 06日 | |
「場」がない。それが写真界にとっての一番の危機じゃないだろうか。
ネットが無い時代は、仕方なくでも会っていたのだ。

会って写真を前にすれば
「いつもレンズがおじぎしてない?手前が広すぎるよ」
「そうかなぁ。お前の写真こそ、女性の顔と白い車がかぶってるじゃん」
「視線の集中を狙ってんだよ」
「嘘つけ!負け惜しみだろ!」
なんてことは普通に言い合えると思うけれど、
これをブログのコメント欄に違和感無く書けるだろうか。

そんな話題には触れないで、「M9を早速ゲットしました」とか
「この写真本当に素敵です♡」なんてどーでもいい話ばかりになったら
ぼくはトテモツマラナイ。

コメント欄を閉じている人間がいろいろ言うのもなんだけれど、
オフ会は気持ちの上でもオフなので、スイッチオンで会える「場」がもっと必要だ。

会う大切さ   SLOW GOVERNORより転載
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-06 13:00 |
AX
2009年 10月 05日 | |
先のエントリでブツヨクを叫んだところなんだが、例によってtumblr.で流れてきたのが下の画像。



光学ファインダーが付いていて、1/2.5型 504万画素。ムリがない。
デザインがこれまたクラシカルなところでブツヨクが...。

参照:ヤシカ、ファインダー付きデジカメ「EZ F521」


ヽ( ̄д ̄;)ノ エー!?
市場想定価格は7,980円前後。

となっ!
[PR]
by nullpo_orz | 2009-10-05 16:20 | デジタル |
AX
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon