Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
| |
|
AX
2010年 09月 29日 | |
久しぶりに気持ちが良かった。そうゆうPrintだった。

渡部さとる主宰
WORKSHOP2Bグループ展「holic」 (2B29期)
2010.9.21(火)~26(日)


写真展はTLで知っていたのだが出かけられたのが最終日の前日ギリギリセーフだった。開催の初めの頃に行っていれば多分なんども足をはこんだであろう。すでにネットでは某有名写真家が「買いたい」と絶賛していたソレは、確かに凄い・欲しいと思わせるPrintだった。

泉大悟さん(blogはこちら)
渡部さとるさんのアシスタントをされているのですねってちょっと納得。

Printは泉さんが住んでいる場所の近所の工場で行われ、被写体もその工場にある工具だったりバイクだったりする。その工場はオートレース用のバイクのフレームを作っている工場のようである。blogを拝見すると夏休み期間中の工場で撮影した様で、ナルホド普通ではあのように"静"の雰囲気では撮れないな、と納得。

実は私は生まれた時から板金・照明の工場が遊び場という環境で育った。親戚が社長をしていたその会社・工場の2Fに私(たち家族)は住んでいたので物心付いた時から旋盤やグラインダーとかプレスの機械とか普通では目にしないものが当たり前のように存在していた。勿論大変危険ではあったが何でも触りたがる子供にとってそこは夢のような遊び場だった。なので、幸い記憶には無いがグラインダーで右手親指を削ってしまった時の跡が残っていたり、はたまた近所のガキ大将に虐められたその仕返しに工場の金槌をもって行こうとして工員に慌てて止められたなんて事もあった。今思うと危うく殺人事件をおこすところであった。(^^;

そんなこともあって最初のPrint、塵取りのPrintを目にした時から懐かしさもあって釘づけになってしまった。実際のところ「うわっ!」って声を上げていた自分が居た。懐かしい油の匂いがしてくるようなPrintだった。そこにある工具はどれも人の汗がにじみ出ているようであった。バイク好きの自分なのでさらに感情が入ったかもしれない。普段私たちが何気なく目にしている工業製品はどれもこれもそうした人の汗と機械の油の中から生まれてきているということを再認識させられるPrintだった。

工場って良いなぁと思った。ちょこちょこっとキーボードをタイプすれば1+1が3とか4とかになってしまうのと異なって、工場ではどうやっても1+1=2にしかならない。当たり前といえば当たり前なんだけれど、バブルの頃からなんとなく1+1=2ではいけない様な風潮が一般的になってしまっているように思えるけれど、1+1=2にしかならないのは当たり前。ちょっとミスればそのしっぺ返しは確実に自分に跳ね返ってくるけれど、逆にどんなに頑張っても1+1は2、それ以上にはならない。だからこそ面白い。

植田正治さんも、水洗10分のところをめんどくさがって5分で切り上げたりしちゃーダメよって、一つひとつの工程をキチンと進めることが肝要って言っていたよね。
[PR]
by nullpo_orz | 2010-09-29 14:09 | 銀塩 |
AX
2010年 09月 24日 | |
今使っているイーゼルはその使い勝手から主にLPLのユニバーサルイーゼルなんだけれど、他から聞いた話の通り直線・直角が出ないのが難点。

イーゼルのセットアップとしてはTPNにあるコンテンツどおりやっている。
http://www.tokyo-photo.net/basic/easelsetup.html

ブレード同士が直交する部分をパーマセルテープで固定して直角を出して固定しているのだけれど、やっぱりテンションが掛かっているししばらくしているとテープの固定の力に勝ってズレてきてしまう。

そこで考えたのが下の画像にあるやり方。
d0039803_11144291.jpg

黄色いのが自作するマスク。勿論ホンチャンでは黒く塗りつぶすけれど説明上分かりやすいように黄色にしている。
で、赤いのがそのマスクを固定するテープ。

やり方は簡単。

ユニバーサルイーゼルのブレードを大まかなマスクの大きさに固定する。
その上にちょっと被るように自作マスクを載せる。
先のTPNのコンテンツにあるようにして、下に引いた印画紙の線に合うように自作マスクの位置を決めてテープで固定する。

コレならブレードのテンションに関係なく位置さえ決まってしまえば半永久的にokなんじゃないかな?

今夜試してみようと思う。
[PR]
by nullpo_orz | 2010-09-24 11:20 | 銀塩 |
AX
2010年 09月 22日 | |


Photokina2010で富士フイルムが隠し玉をだしましたね。FinePix X100

世界初!光学ファインダーのクリアな視野と電子ビューファインダーの多彩な情報表示を両立
「ハイブリッドビューファインダー」搭載で、狙いどおりのフレーミングが楽しめるデジタルカメラ


との謳い文句です。今流行のミラーレスでの高級路線を狙っているのか? しかし、その外観が銀塩カメラの好きなその筋の人(つまり自分もですね)にピンポイントで狙いをつけて来た感がアリアリ。カメラはやっぱり<光学>ファインダーで見て撮らねければだめだよ!という、そうした輩にも対応していますし、その手の人の殆どがそうであるように老眼入ってきて細かいところが(つまり自分もですね)...という場合にはEVF(拡大表示もできるでしょう!)なり背面液晶でどうぞ!と至れり尽くせり。
最新の噂では価格も$100ほどとの事ですのでR-D1の様なプレミアム感もなく気軽に購入して楽しめそうなところで一安心した人も多いと思います。ハイ、自分もです。
そんな中ハニカムCCDじゃないのか? とか、なんで35mmなんだ? 標準にだろうとか、レンズ交換式にしろ!とか、まぁ色々言われていますがそれだけ期待されているということだと思います。

σ(ー ー;)エート。。。

確か自分の記憶では、絞りとSSが独立したダイヤルで設定できるデジタル(一眼)カメラってのはLeicaのX1だけだったと思いますが

-2010.10.1追記
デジタル一眼カメラじゃなくて、「レンズ交換式ではないデジカメで」

このX100も同様に絞りとSSが独立したダイヤルで設定できるデジタルカメラとなりました。祝(同じ「X」というネーミングなんですけれど偶然なのでしょうかね) カメラの操作では基本的に絞りとSSで適正露出に合わせ、ピントを送って、あとはタイミングを測ってレリーズするということだと思いますが、変に自動化したカメラだとこのうちどれかを手動でやろうとすると小さくて密集したボタンをなんども押してやっと思った設定ができたと思ったら被写体がもう居なかったなんてことがありますから、オイラとしてはこの独立したダイヤルというのは大いに買っているわけです。いや、そのためにオートという設定があってほぼ間違いなくそうした要望を満たして撮れるようになっているという意見もあるのはわかりますが、やっぱりオートはオートで一人ひとりの思っている様には完全にはまかなってくれないんですね。

う~ん、またおやじ臭が漂い始めたかw

話はちょっと変わるけれど、ちょっと前にソニーが世界初の透過ミラー搭載デジタル一眼レフカメラとして登場しましたが、確か10コマ/秒連写でしたっけ? デジタル一眼レフで動画も撮れるようになって特にその傾向が強くなってきたように感じていますが、兎に角連射してその中から必要なコマをあとで選べばokみたいな感じになってきているように思えます。将来的には動画で撮ってあとでその中から必要な静止画を選ぶという方向になってくるかもしれません>デジタルカメラ

でも、でもですね。

その昔見た映画Dances with Wolvesの中でのヒトコマ。主人公のケビン・コスナーが狩りの練習をします。バッファーローの大群だったかな? それを狩るのですが、大群だから適当に狙っても当たるだろと思ってそうするのですがコレが全然ン当たらないから狩りにならない。そこでインディアンから大群の中からコレはという一匹を狙わなければ当たらないというアドバイスを受けるんですね。

カメラや写真も同じだと思うですよね。連射すれば撮れるだろうとか、動画撮ってから静止画選ぼうとしてもやっぱり無理なんだと思うんですよ。撮ろうと思うシーンで撮らないと写真は撮れない。そのためには撮影に集中できるつまり被写体をじっと観察できるカメラじゃなければならいと思うわけで、Leicaが今でも人気があるのはどれも自動化されていないけれどいざ撮影すれば被写体に集中できるカメラだからだと思うわけです。まぁRolleiやHasselでも同じかもしれませんが。レンスがどうのこうのというのはレンズオタクがあとから言っていることなんじゃないかな?
おっと、話がそれてきた。つまりX100がその筋の人(だから自分もねw)を惹きつける様なその外観は兎も角、操作系において絞りとSSを独立したダイヤルで、それと露出補正ダイヤルも独立したダイヤルで出来るようになったのは、このカメラが人気がでる(X1だと高価だからその点は厳しい)とそうした操作系の事が再び考え直される機会になるんじゃないかな?って期待しているわけです。小さくてなんども押して進まないと自分が選びたいパラーメーターに辿りつかないとか、AとBの設定を一つのダイヤルで兼用しているとか、そうゆうカメラじゃや無くて、撮影に集中できるカメラなら、狙ったシーンを落ち着いてレリーズできるでしょう? それが普通じゃないですか。それなのにカメラにコンピュータが入って自動化して、さらにデジタルカメラになってどんどん操作しずらくなってきていませんか? イーストマン・コダックは「あなたはシャッターを押しさえすれば、後は我々がやります」とやったのは一世紀前の話なのに。ねぇ。

あぁ、R-D1も独立してましたね。

あと、絞りとSSとISO感度は相関関係にあるから、この三つは独立したダイヤルで即操作できるようにした方が良いね。
フィルムのときISO感度ってのは一度フィルム入れると撮り終わるまで変わらないのが当たり前だったけれど、デジタルのおかげで今は一枚一枚ISO感度変えられるから。
[PR]
AX
2010年 09月 16日 | |
TPNで第7回グループプリントエクスチェンジが始まったようです。

http://www.tokyo-photo.net/phpBB2/viewtopic.php?p=10469#10469

参加表明は10月末日まで、プリント発送は年内、と。
あとはいつもどおり、課題は自由、サイズはバイテン、モノクロオンリーとなってます。

さてわたしはというと、いま仲間内でのPrint Exchangeの最中で期限が今月末で結構焦っています(^^;
だって、やっと昨晩のプリントで目処がついたって感じですから。
もうちょっと詰めたいところも...、一晩経つとやっぱりそう思ってしまうし。

今の気持ちとしては、仲間内PEがおわらないとなんとも言えないなーって感じですね、はい。
他のものまでまだ頭も体も回らないといった状態です。

でも今回の仲間内のPEをやっていてなんとなく吹っ切れたというか方向性が見えてきたというか、今後の写真に対する心構えというか、なんというか。いや、諦めにちかいのかもしれないw 要するに出来るもんしか出来ないって感じかな? 悟りか?( ̄∇ ̄;)
[PR]
by nullpo_orz | 2010-09-16 14:40 | 銀塩 |
AX
2010年 09月 06日 | |
の秋、としたいところですが、相変わらず暑い日が続いております。

みなさ~ん、お元気ですか?(っていう日産セフィーロのCMが懐かしく思い出した人はオヤジですね、ハイ)



とはいえ、朝晩はやはり秋を感じる様になってきたのも9月に入ったからかな?

いい加減涼しくなってもらわないとPEの現像・プリント作業に支障をきたす事に...ねぇ。

えっと、話はそのまま読書の秋ってことで進めさせていただきますw
渋谷の東急文化村の7階に巨大な書店がオープンした。ジュンク堂&丸善

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-MJshibuya.html

オープンフェアってことで「風の旅人」のフェアもやっている、ってことで渋谷へ行く要件があったのでちょっと足をのばしてみた。
電子書籍元年などと言われている今年だけれど、書店の方はオープンということもあってか書店は大賑わいであった。

さて、その電書リーダーの一つといわれているiPad。欲しいですね、カメラが付いたら。

でも電書リーダーとしては、どうなんでしょうか? 沢山本をもっている人にとってはこれ一つでこと足りる(と奥さんが大喜び♡)って事がナキニシモアラズだけれど、あの重さだと書物の様には読書するのも厳しいような気がしてる。目も疲れそうだし。

d0039803_13474337.jpg


でも、欲しいのiPad(Apple Wireless Keyboardは、Control Keyが「A」の左横じゃなかったのを知って諦めた)
[PR]
by nullpo_orz | 2010-09-06 13:50 | デジタル |
AX
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon