Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
| |
|
AX
2016年 12月 28日 | |
久しぶりの投稿です。

みなさん、お元気ですか? w

さて、本日のネタはFBのウォール(死語w TLって言うのかいまは?)に流れてきた

d0039803_14293449.jpg

ライカでスナップ写真を撮る、超具体的な方法 / 写真のネタ帳

です。

そうです。Leicaですよ、ライカ。
そしてライカと言えばスナップ。
Henri Cartier-Bressonの様にライカでスナップ写真を撮りたいと思っている人は必見の記事/サイトですYO!

他にも良さ気な記事がいくつもアップされているようですので大変良いサイトだとお見受けしました。今ご覧になっている駄blogなんか見ないでこれからは写真のネタ帳を見たほうが写真が上達すること間違いないです。 ヽ( ̄д ̄;)ノ エー!? 分かりきったこと言うな?って。スミマセン



さて(´ω`)。



まぁご紹介してあるリンク記事を読んで頂ければ、もうそれだけでOKなのですが…。折角こうして久しぶりに投稿しておりますし、忙しくてリンク先を読んでいる時間が無いとか、次の駅で乗り換えのため下りるからあと2~3分しかスマフォ見てられないし…とかあると思うので、要約になるか分かりませんが私の琴線に触れた箇所をいくつかピックアップなぞしてみたいと思ったり。




打率3割もいけば、立派な名選手(名カメラマン)です。

ライカで写真を撮る、とはそんな感じです。


ライカに限りませんがどんなカメラでも同じですね。"歩留まり3割"なら野球選手で言うところのベストナインに選ばれるレベルですよ。私なんかフィルムだろうがデジタルだろうが常に1割以下...orz




d0039803_14434062.jpg

わたしもライカを使い始める(た)頃はそう勘違いしておりました。一流品と言われるライカを使えば良い写真が撮れるものと。
まぁ、"良い写真"の定義が曖昧かつ難しいところではありますが、手っ取り早く露出/ピントがぴったり合ってる写真を量産したいなら、一眼レフがマストってことですかね。





露出に細かくこだわってるヒマがあったら、状況をよく見る時間に充てたほうが、ずいぶん有意義です。

兎に角"見る"ことが大事で、その点"素通し"の"窓"を持つライカ(だけじゃないけど)は良いらしいです。なるほど、言われてみるとそうだったのか。(この辺の話は何時かネタにしたいと思いつつ全く出来ていない(;´Д`))
キカイが発達した(特に昨今の)カメラで嫌なのは、ピント/露出が合っていないからとかおせっかいでレリーズできない機種が多いことです、わたくし的に。とにかくシャッター切ってくれる写ルンですの方がその点は数倍素晴らしいとおもうなぁ。その点はライカの方が一眼レフより写るんですに近い感じですね





使い込むことによって手に馴染ませるのがライカです。

そう、ライカの場合は「慣れる」というよりも「馴染む」です。

どんなカメラであれ馴染むことが肝要だと思いますが、ライカは馴染みやすいんだと思いますね。多分。




多分ライカを使い始めた人(ってフィルムカメラのライカを使い始める人って最近いるのかな? レンズはともかく本体は凄い値下がりしてるし売れていないんじゃないかな?)にとっては、5 ライカで撮るスナップ写真【実践編】こそが一番読みたい箇所/大事な箇所かもしれませんが、それ以前の箇所のほうがわたしはためになるし大事だと思いました。
つまり、ライカというかカメラというモノの本質を理解することと、撮影するに当たっての姿勢/心構えみたいなものこそが大事なんだろうと思うわけです。それさえクリアしていれば"道具"や"機械"はなんだって良いんじゃないかな? と。その人が好きな"道具"や"機械"であればOKなんですよ。と思います。

サイトのタイトルもそうですし、作者のプロフィールにも書いてありますがネタということなので、あまりかしこまらずにRomってみるのも良いと思いますし、私もそうしたいと思いました。




d0039803_17401152.jpg



[PR]
by nullpo_orz | 2016-12-28 23:10 | デジタル |
AX
2011年 06月 02日 | |
先日TL上で、フジテレビの番組「ばら・す」で、ライカのM3をバラした時のが放送された、というのを知りました。

生憎放送後にその事を知ったのですが、幸いにもweb上にその時の放送したのがアップされたいたので昨日みましたが、カメラ好き・写真好きに関わらず、メカ好き(特に男子?)は見て損はないと思いました。大変面白かったです。

http://www.youtube.com/watch?v=o3hhxRDiV5A

d0039803_9155313.jpg

[PR]
by nullpo_orz | 2011-06-02 12:59 | 銀塩 |
AX
2008年 05月 14日 | |
Leica というカメラは、不思議なカメラだ。

以前読んだ本にはLeicaは人を呼ぶという様な内容が書いてあった。
その本の著者はLeicaを手にしてから色々な人に出会いそしてソレがキッカケで運命の歯車のが廻って...とか。
それからROMらせていいただいているblogでもLeicaでスナップしていたら声を掛けられてその人と...みたいなエントリがあった。



昨晩友人からメールが届いた。

少し気になったので。


という書き出しから始まったそのメール。

Leicaを通じて知り合ったその友人は私がM2を修理に出した事を知っていたので、修理後の具合を心配してメールをくれたのだ。なぜならその友人がやはりLeicaを修理に出したお店にM2のオーバーホールを依頼したからだ。

私はメールを読んで、冒頭の一行にギクっとした。

イヤ、M2は快調も快調。No Problem !


さて、最近私はこのblog上でLeicaに対して懐疑的なエントリをいくつかした。
LeicaというかLeicaを使うことに対して、Leicaに対する向き合い方と言った方が正確かな?
どうも自分はLeicaを手にしたときに頭の中に仕入れた情報というモノが、少々情緒的な部分に偏っていたように思えていたのだ。


私はオーバーホールして完調のM2+沈ズミを手放した。

次の主には防湿庫のコヤシにだけはしないで下さいとお願いしたが、そんな事は杞憂に過ぎなかった。彼はとってLeicaは初めてとのことであったが、普段は黒のZeiss Ikonを毎日持ち歩き、禿げて下地が出てくるほど使い込んでいるとのことで、そんな人に渡ったM2なので私も安心している。

M2を手放したのは、すこしLeicaと距離を置きたかったというのもあるし、単に現金が必要だったというのも正直なところ。
Leicaが無いと凄くサミシイ気もするし、そうでもない時もある。
いずれ機会が在ればまた手にしたいと思うようになると思う。その時原資があれば、だけど。期待薄w

Leicaを手放して、即、Leicaで知り合った友人が私が手放したことも知らないのに冒頭のメールをくれたことに正直驚いた。別にLeicaを手放したことをblogなんぞに書くつもりは毛頭なかったのだけれど、友人のくれたメールがなんか不思議な感じがしたのでエントリしてみた次第でありまする。


Leica というカメラは、ホント不思議なカメラだ。
[PR]
by nullpo_orz | 2008-05-14 11:03 | 銀塩 |
AX
2007年 05月 11日 | |
ご心配をおかけいたしました。

大分体調は良くなってきました。

今週末には現像復活出来そうです。

d0039803_13375010.jpg


販売停止になったフジドールEをヤフオクでゲットしました。

フィルム現像雑感:tokyo-photo.netで、兎に角良いとのコメントでしたのでどうしても欲しくなり、たまたま出品されていたので落札しました。(他の入札者無し)

多分昔からのスタンダートだと思われる、Tri-x+D-76で今は撮影・現像しています。
この組み合わせは未だ暫くそのままのつもりですが、いずれは色々な組み合わせもやってみたいですね。

撮影時の天候や光線状態や露光量や、現像時間の長短といった要素での違いというのを理解したら、次のステップとして別の要素を試してみましょう。


って、フィルム現像雑感:tokyo-photo.netに書いてありますしね。多分不器用な自分ではいっぺんに色々な組み合わせを始めたらこんがらがって何が何だか分からなくなってくると思うし。
[PR]
by nullpo_orz | 2007-05-11 13:45 |
AX
2007年 04月 26日 | |
d0039803_13291412.jpg

う~ん、グレーがよく出る


d0039803_13293865.jpg

ダメだなコレ


d0039803_1330010.jpg

顔に掛かっているし


d0039803_13302325.jpg

...


d0039803_13304742.jpg

コレは焼いてみたい




Elmar、よく写るしグレーがよく出る。スキャンしているだけではダメだな、焼かないと。
だんだんと未現像フィルムが溜まってきましたよ~>オレ。



+++

現像作業データ:10回目(4/23 準備・実作業~片づけ:60分)

フィルム:400TX(135-3624) EI200
現像:D-76 1:1希釈 20℃ 9'30" NA
停止:15%酢酸希釈4回(0'10")の倒立撹拌×2 20℃
定着:ハイパムフィクサー希釈 1:4 20℃ 5'00"
水洗:5回撹拌>10回撹拌>20回撹拌>20回撹拌>20回撹拌
乾燥:ドライウェルを使用しスポンジで余分な水分を拭き取った後浴室(24時間換気)にて一晩

+++



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へにほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
[PR]
by nullpo_orz | 2007-04-26 13:56 | 銀塩 |
AX
2007年 04月 24日 | |
先週末、Every Day Is Exactly The Sameのlarnさんとお会いしました。

larnさんとお会いするのは2度目。今回はlarnさんのご厚意により、バルナックライカを初めて使いました。

Ⅲf+Elmar 5cm 1:3.5

M型よりも若干小振りな筐体。手にしっくりと馴染む。レリーズのショックもM型より小さいような感じ。
手の掛かった美しい絞り羽のレンズ。が、絞り調整リングが小さくて慣れないので使いづらく感じるが皆どうしているのだろうか。
よって、バルナックでは絞り優先にしてシャッタースピード(SS)で露出調整した方が楽そうだ。
と、思いきや、1/30以下のSSでは低速シャッターダイヤルで合わせる必要があるのでそうとも言えないなぁ。う~ん...。

最初の難関といわれているフィルムの装填でかなり手惑う。スプールに巻き付けるフィルムの端に切り込みを入れなければならない。しかも綺麗な切り口でないと具合が悪いとのことで、緊張しながらはさみを入れるが2度も失敗してしまった(汗

結局12枚分くらいの長さをダメにしてしまったw(現像したら36枚が24枚になっていたYO!)

バルナックはピント合わせのファインダーと構図あわせのファインダーが異なる。
ピント合わせの方は倍率何倍くらいなのか? M型の黄色い小さな距離計よりも合わせは楽かも。
構図あわせの方は確か50mmの視野だったと記憶しています。M3を使い慣れている人にとっては違和感の少ないファインダーではないかな?

と、ここで、larnさんが純正50mmの外付けファインダーを付けてくれた。

初めて見るライカの外付けファインダーの見栄えに思わず声をあげる。コレは凄い。堪らない。
”肉眼よりもクリアに見える!”という伝説はこれなのか?! う~ん、これだけでも欲しいかもw

自分のM2+SummaronにもTri-xを詰めて二刀流で、さぁ二人で撮影会とあいなりました。

しかし、M型に慣れた身にはバルナックはどうも撮影テンポが異なってどうも調子が狂う。
露出を合わせて、ピントを合わせて、構図を合わせて(逆かな?)、タイミングを計ってレリーズ。
いちいちファインダーから目を離して見直さなければならない点がテンポを狂わせる原因だと思う。
おまけに最近は専らSummaron付けっぱなしなので35mmの画角に体が慣れきっていて50mmの画角に戸惑う。
ピントは目測で、構図もノーファインダーのつもりで撮るのがバルナックらしい撮り方なのかも知れない、と思う。
となると、50mmではなく35mm、否、28mm広角や24、21mmなどの(超)広角レンズが良いかな。見た目的にも格好良さそうだしw

おっと、最初の数カットは”ロック”を正しくせずに撮っていた。(汗
沈胴レンズのお作法、つまりレンズを引っ張り出してひねってロックする、そのロックを忘れて撮っていたのだ。
とはいえ、この数カットもどんな写りになっているのか楽しみだ。

larnさんは愛用のM4+Summaron2.8でバシバシ撮る。そこにいる人に声を掛け、寄ってきた犬の相手をして...、その場の雰囲気を和やかにしてさり気なく撮る感じ。
あっ、このニッパチSummaronは160万台の放射能レンズではないかっ!?
などと思っていると、あっという間に一本撮っている。こっちはまだ10枚くらいしか撮っていないのに。M4は巻き戻しが早いし装着もM2に比べ楽だし、リズムを変えることなく撮れそうです。




小一時間でTri-x一本(24コマ)撮ってみたけど、露出はかなりいいかげんだと思う。M型の様に中間シャッターが決められないのはチト辛いなぁ。

なによりも失敗したのは、M2+SummaronとⅢf+Elmarを一緒に使ったことだな。
器用でない私にとってはその使い方や画角の違いは混乱させるだけのものでした。
よくよく考えてみればM2にフィルムを通す必要は全くなかったことに後になって気づいたアホな自分。初めてのバルナックで舞い上がっていたのであろう。




初めてのバルナックを楽しみました。こんな素敵な機会を設けてくれたlarnさんのご厚意に多謝。撮影前にはボディやレンズの程度の見方も教わりましたので少しは目利きが出来るようになったかな?というか、改めて自分のM2もSummaronもメンテの必要性を再認識しました。(汗 お金が出来たらヤスダさんのところに出すからねぇ。それまで待っててちょ。>M2+Summaron

デジタル時代になってさらに時間の流れが速くなってきているように思います。そんな時代ですがバルナックは多分もっと時間の流れがゆっくりとしていた時代にこそマッチしたカメラなのでしょう。
町中を歩いている人ももっとゆっくりとしているような、そういう時代ならバルナックの撮影お作法もマッチしていたんだと思います。輸送機器のスピードがアップし、情報がインターネットを通じて氾濫し、経済のグローバル化が進んで世界が小さく早くなっている今の時代では、撮った写真をスグに確認できるデジカメがマッチしているのだろうと、バルナックを使って改めて思いましたね。

でも逆にこうゆう時代だからこそバルナックで撮るというのも、面白く意味のあることかも知れません。手間の掛かるお作法のカメラだからこそ撮れるも絵インスタントなデジカメと異なる絵となるのではないでしょうか。

さて、初めてⅢf+Elmar 5cm 1:3.5で撮った写真はどうだったでしょうか?
昨晩現像した感じでは、思いの外露出をハズしていなかったのと何枚か良さげなカットがありました。
プリントした後、もしかしたら堪らなく欲しくなってしまうかも知れませんね、バルナック。
案外そうゆうのが怖かったりするんですよね。w 

More
[PR]
AX
2007年 04月 17日 | |
d0039803_1345594.jpg


ちょっと前。そう、ほんの少し前の話。

お兄ちゃん、お姉ちゃんがブランコに立って乗っていたのを見て

キミはなんとか自分でもやってみようとトライしたよね。

だけど、その時のキミはまだ小さくて座って乗ることしか出来なくて

そんな自分に歯がゆさを感じていていたね。

今では何の問題もなく出来るようになった、のに。


d0039803_13515066.jpg


だから、きっと、何時の日か、出来るようになるよ!


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へにほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
[PR]
by nullpo_orz | 2007-04-17 13:53 | 銀塩 |
AX
2007年 04月 16日 | |
d0039803_1115113.jpg
出かける前に怒る。何故?


d0039803_1124021.jpg



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へにほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
[PR]
by nullpo_orz | 2007-04-16 11:03 | 銀塩 |
AX
2007年 04月 12日 | |
d0039803_1341212.jpg

d0039803_13414386.jpg

楽しそうだったな、この二人。Monkさんの様に撮ったつもりなんですが結果は...orz


d0039803_1343233.jpg

d0039803_13434334.jpg

サンシャイン通りの裏



d0039803_13442090.jpg

d0039803_13443297.jpg

Grazie!


にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へにほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
[PR]
by nullpo_orz | 2007-04-12 13:51 | 銀塩 |
AX
2007年 04月 03日 | |
噂には聞いていましたが、入園前のお母さんは大変です。
何が大変って、”ネーム”です。
子供の持ち物全てに名前を付けなければいけません。
全てです、全部。
制服・帽子・鞄...、なんでも名前を付けます。
購入してからズーと眠っていたミシンが活躍するのはまさにこの時です。

d0039803_14353777.jpg

d0039803_14355238.jpg


クレヨンの場合、箱は勿論のこと一本一本にも名前をつけます。
まだフルカラーではなく16色?24色で良かったと思うのはこの時ですw

日本一長い名前の「野田 江川富士一二三四五左衛門助太郎さん」は大変です。
だいたいこんなに長い名前だと書ききれません。

ですので拘ったり凝った名前を子供に付けたりするとこの時後悔しますのでご注意を。

そんなわけですから名前を印刷して名札を作ってくれるサービスを育児関係の本とか会社がやってくれたりしています。
でも、世の中のお母さんは最初の子供にはやっぱり手作りをというわけで、せっせと名札を手書きで作っているわけです。ただし二人目からは手抜きになっていくそうですが。

d0039803_14451627.jpg

d0039803_14453310.jpg

d0039803_1445516.jpg


親が相手してくれないので、子供も大荒れになります。
[PR]
by nullpo_orz | 2007-04-03 14:47 | 銀塩 |
AX
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon