Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
続:なんとかの秋
2010年 11月 08日 | |
さて、めでたしお目当てのブツはゲットしましたよ。
勿論事前に価格は調べましたら、どうやらWEBの価格調査サイトの最安値よりも10kは下回っているお値段でしたから、買いは買いなんですね。問題はもう古い機種だってことです。当然新品なのですが、デジモノは兎に角新機種へのアップデートが早いですからあっという間に旧世代の機種へと成り下がってしまいます、少なくとも世間的には。ですので単純に安いから"買い"という方式はなかなかデジモノでは成立しにくいもんなんですね。

さて、

TLを見ていても、人が"買い"に走るときは大概その理由をつぶやいていますw
前から欲しかった、これがでるのを待っていた、たまたまタイムセールスがあって...、等々。
面白いですねぇ、なんなのでしょうか? 理由をつぶやいているのは大概が高価なものに対してですが、きっと呟くことで自分をなっとくさせたり、「なんでそんなのを?」というツッコミが入る前の事前予防だったりするのでしょうかね?
そうゆう訳ですから、私も理由を述べたいと思います。w

-前から欲しかった
-安かった
-スペックは旧世代だが、個人的には(この値段なら)無問題

前から欲しかったというのは、別に特定のコレというわけではなく、正確に言えば前から欲しかったジャンルということになります。安かったというのは、先に書いたとおりですね。初めて買ったコンデジが確か38kくらいだったお記憶していますがそれよりも安いんですから全然ン無問題。で、スペックですが今どき1000万画素を切るのはどうか?というのがその筋の人たちからは聞かれそうですが、どうせよいとこキャビネサイズくらいにしか伸ばしませんし撮像素子の大きさからすると1000万も必要ないというのも見聞きしますからまったく無問題です。

そして、購入動機としては、人によってはどうでも良いことなのでしょうけれど、当人にとっては重要なというのもありまして、えー、CMのキャラクタだとかカタログの写真が良かったとか、その手の類の話なのですが...。たしかこのカメラが発表された3~4年前にはこんなフレーズをWEBや雑誌で見聞きしたと記憶していました。

平成のリトルニコン

平成のという頭が付くからには、昭和のというのも当然ありまして、ご存知Nikon EMが元祖・本家・家元リトルニコンなわけですが、実は別blog=wikiにもその昔書きましたがEMは私が写真・カメラというものに興味を持ち始めて最初に使ったカメラでもあります。

デジタル一眼レフを初めて買う。そのカメラは平成のリトルニコンと呼ばれたカメラ。なんとなれば、初めて使い始めたEMと、これほどのマッチングはないだろう、と。そうゆう理由でD40購入へとなったわけです。

d0039803_17182813.jpg


でも、買ったのは良いのですが正直心の迷いが無かったわけではありませんでした。もしかしたらこのまま銀塩をやめてデジカメへ走ってしまうのではないか?とか、やっぱり動画も撮れる機種の方が良いのではないか?とか、装着できるAFレンズには限りがあるのはやっぱり...とか。まぁ、そうゆ事を言い出すとキリがありませんね。

そうなんです、キリが無いんですよ、人間の欲望にはっ!!

(つづく)
[PR]
AX
<< 続続:なんとかの秋 ページトップ なんとかの秋 >>
The Original Skin by Sun&Moon