Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
たっぷり露光 あっさり現像:自家現像6回目
2007年 04月 05日 | |
d0039803_1558830.jpg
斜めだ。しょうがねえなぁ>自分


d0039803_15582444.jpg
何やっているんだろう?と思ってパチっと。


d0039803_15583879.jpg
凄い人だかり。店員もお立ち台に登っての販売ご苦労様ってことで、パチリ。




+++

現像作業データ:6回目(4/3 準備・実作業~片づけ:60分)

フィルム:400TX(135-24)
現像:D-76 1:1希釈 20℃ 9'45" NA(by フィルム現像時の攪拌:tokyo-photo.net)
停止:15%酢酸希釈4回(0'10")の倒立撹拌×2 20℃ 0'20"
定着:ハイパムフィクサー希釈 1:4 20℃ 5'00"
水洗:5回撹拌>10回撹拌>20回撹拌>20回撹拌>20回撹拌
乾燥:ドライウェルを使用しスポンジで余分な水分を拭き取った後浴室(24時間換気)にて一晩

+++

●以前はパーフォレーション付近に現像ムラを多数見つけることが出来たが、フィルムの両端のパーフォレーション付近にに2~3カ所小さいムラを見つけるに留まるようになった。
リールにフィルムを巻く作業をしていても、以前よりもスムーズに出来るようになった気がする。
"押し込みながら巻く"のがポイントなのね。大分慣れてきたのかな。

●自家現像以前は明らかに露光不足の"薄い"ネガが多かった(のは大概体感露出で撮影だから)が、最近は"濃いネガ"が増えてきた気がする。
露出があってきたような気もするが、ひょっとしたら現像によって救われてるのかもしれない、と思ったりしている。

●よって、以前はスキャニングしても眠いトーンだったのでトーンカーブを弄ってコントラストをあげていたが、自家現像を始めてからその必要を感じなくなってきた。(ほんの少しだけ上げているけれど)
希釈現像をしてみて確かにシャープネスがあがったネガになったようだが、ソレと関係があるのか?

●改めてtokyo-photo.netさんを色々見回してみて、標準現像とかLVとEVとか実践的なキャリブレーションとかモノクロ写真での測光方法とかこれ以外にも沢山あるけれど、撮影以前・現像以前にきちんと押さえておかなければいけない事が多数あり、しかも全然理解していない駄目な自分がいることがわかった。

●「たっぷり露光 あっさり現像」という基本があることを初めて知った。自分にとっては非常に大きな発見でした。(今回の撮影・現像は違います)



にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へにほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ
[PR]
by nullpo_orz | 2007-04-05 16:07 | 銀塩 |
AX
<< A Selection for... ページトップ 定着液を作り直す:自家現像5回目 >>
The Original Skin by Sun&Moon