人気ブログランキング |
Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
Top
とんでも焼きの顛末
2007年 11月 05日 | |
前エントリで心霊写真みたいなプリントをアップしましたが、週末2度目の自家現像でその原因が分かりました。

まず、引伸機がぶれていた。ぐらつかないようにきちんと位置しなくてはいけない引伸機でありますが、どうやら旨く位置しておらずぐらついていたようです。プリントも確かにシャープじゃなかったし。
ぐらつかないように何度も点検して焼いたら2度目の自家現像ではシャープにプリントできました。全く持って初歩的なミスですね。

それから反転した像がプリントされる現象。 ピントルーペでピントを合わせるとき印画紙を裏返しにしてイーゼルにセットし、そのご印画面を表にして本番プリントをしていた(印画紙の厚さ分だけピントがずれないようにとの配慮)のですが、そのピント合わせの時に印画紙の裏から感光したのが原因でした。ピント合わせは絞り開放にしていたので開放が拙かったのかなと思い、絞りを11くらいに絞って裏返しの印画紙で任意の時間感光してから表に返して本番焼きしても結果は同じでした。
ですので、2回目の自家プリントからは既にプリントした印画紙を裏にしてピントルーペで見るようにしました。

>しかも画像真ん中の娘のまわりが覆い焼きしたような感じで...。勿論やっていません。

つまりこれもピントルーペが覆い焼きをした事になっていたために起こった現象だったと判明しました。


それから段階露光の時にちょっとミスをしていたことに気づきました。(イーゼルの起点となる角が左上に位置するとして)遮光するときにブレードの羽の方に少しづつ移動していなかったのですね。ですので若干の隙間から感光していました。これも初歩的なミスですね。トホホ。

でも、マスクを作ったので今度はほぼ印画紙の真ん中にプリントすることが出来るようになったのは良かったです。Grazie!ですNiijimaさん

しかし、最短時間最大濃度法(自分を笑っちゃうくらい真っ黒に対していい加減だった)から得てた露光時間でプリントすると真っ黒なプリントが出来てしまって...。フィルム感度・露出・現像時間、これら全て見直さないといけないようです。...orz



※ブログトップのアイコン?を鏡面効果したのに変更したた為プリントもそうなったのかとおもったりしてた。んな訳ないけどw
by nullpo_orz | 2007-11-05 11:40 | 銀塩 |
AX
<< やっちゃいました ページトップ とんでも焼き >>
The Original Skin by Sun&Moon