Some Night & More Night
nullporz.exblog.jp
What? > How?
by やっ
プロフィールを見る
画像一覧
Top
Leica考
2008年 04月 09日 | |
再研磨から戻って来た沈ズミは玉が綺麗になったし、オーバーホールから戻ったM2もSSがちゃんとなった(以前は1/8が1/30位だった)し、撮影したコマが斜めっていたのが治った(スプールの問題だったらしい)し、心なしかシャッター音も小さくなった希ガス。久しぶりに戻ってきたLeicaを掌の中で弄ぶ。

あぁ、Leicaって良いなぁ。Leicaの人気ってこうゆうのもあるのではないか。この触れた感じに魅せられるのである。
確かに精巧な機械は人を魅了する。その緻密な動き。レバーを動かすだけなんだけど、その時指先が感じる微妙なトルク感とか堪らなく感じることがある。

しかし、この良いなぁっていうのが怖い。

カメラは写真を撮るに過ぎない道具と考えた場合、確かに使った感触が心地よいというのは重要なファクターではあるが、きちんと撮影という仕事だけしてくれれば良いだけの話であるのは事実。作りがどうだとか、ブランドがどうだとか、関係ない。きちんと仕事をしてくれれば良いだけの話だ。

日本ではM型が特に人気だと言われているし実際そうだと思う。R型は人気がない。海外では違うらしいが。もっというとLeica ミニとかは余り人気が無いと思われる。
でも、レンズは同じでしょう?基本的に。
だったら写りはどれも同じハズなのに何故にM型がこんなにもモテるのか?

いや、確かにM型に限らずLeicaを持っていたら女の子にもてる(希ガス)w

雑誌などの写真コンテストに投稿される作品でLeicaで撮られたものはレンズが何でボディが何みたいな事が詳しく書かれて応募される傾向があると聞いた。でも残念ながらそうゆう応募作品に限ってあまり良い作品はないらしい。俗にLeicaで(シロートが)撮った写真に良いモノ無し、と言われている。

つまるところLeica、特にM型のLeicaが人気があるのは、レンズの写りが良いとかではなくて、歴史や伝説、もう二度と作られないであろう(と言われている)工芸作品としての価値観みたいなモノや、実際に触れたときの感触など、本来撮影の道具としての意味合いとは別の次元の比重が多いように思える。簡単に言うとコレクター人気的なもの。
レンズが違うんだよぉって言うなら、別にベッサでもHEXAR RFでもZeiss Ikonでも良いしLマウントレンズなら他にも選択は沢山あるでしょう。

M型Leica(しか知らないので)に限って言えば、「ピント合わせ、露出を決めるだけ。そしてフィルムを巻き上げてまたピントを合わせ...というその操作系統のシンプルさ」に、私なんぞはたいそう惹かれる。実際撮影という行為はそれだけの事、たったこれだけの事にもかかわらず、大々的に自動化した今日的なカメラは、スイッチやらレバーやらがたいそう多く(またこれらが小さくて、さ)操作が複雑化している様に思わせられる故に、そのシンプルさが新鮮に映りっているだけのことかもしれない。ボタンやらスイッチが一杯付いているだけで駄目って人はどこにでもいるでしょう、それです。究極の道具(勿論カメラもその範疇)はよりシンプルであるべきと言うのが私の考えです。Leicaと同じようにシンプルな操作しか求めない古いカメラは多々あるのは事実だが、先ほど言った歴史や伝説や操作感等々がLeicaを特別視させるのであるのといって差し支えないだろう。

つまりは伝説のカメラを手にして撮影している自分に酔っているだけのことだろう。
少なくとも自分はレンズの写りの違い(現代のレンズと何処が違って何が良いのか)がよく分かっていない。

d0039803_17243046.jpg

400PR EI200くらい / FujidolE(1:1) 20℃ 6'15" NA / Fuji Varigrade WP AM / Ilford MG dev


戻ってきたM2+沈Summi テスト撮影。
良いな、Leica...。(爆
[PR]
by nullpo_orz | 2008-04-09 11:40 | 銀塩 |
AX
<< ネガフィルムスキャン入門 改訂版 ページトップ Done Right Timer >>
The Original Skin by Sun&Moon